「1%の世を、人々の世に。新しい政治の力を築こう!」と題したシンポジウム。社民党の服部良一さん、緑の党の共同代表の長谷川羽衣子さん、9プラス25の原和美さん、全港湾の山元一英さんがパネラーでした。200人以上いたと思います。
内容では、いつもの情勢分析と共に、これからの展望をパネラーの人達が話していました。会場からは、労組に対する批判が2・3ありましたが、長谷川さんの意見は好意的に会場に受け止められていました。拍手などもあり、結構、好印象でした。

9月22日(土・祝)の豊中の「緑の党」の説明会のチラシを配る事をシンポジウムの主催者に許可を求めようと思いましたが、主催者のほうで、受付に資料として一緒にセットしてもらえることになり、ほとんどの人にチラシが行き渡ったと思います。会員のメールより